ブランディングのオムニモスーク

リブランディングの手法1:課題設定

さて、課題解決のためのリブランディングについてお話を進めていきたいと思います。

課題解決のためのリブランディングに対して、何から取り組むべきかといえば「何を変えて、何を変えないか」を確定させる「解決すべき課題の設定」です。

その課題は大きく3つに設定することができるのではないでしょうか。

・購入者の減少
・購入単価の減少
・購入頻度の減少

「利益の最大化」を目指すことが本来の目的ではありますが、ここではリブランディングを売上の最大化を目指すものとして解説を進めていきます。

売上を因数分解すると、購入者数・購入単価・購入頻度に分けることができます。

費用はリブランディングでは直接的に落とすことができないため、ここでは売上を上げることが「利益の最大化」と言い換えることができます。

-->