ブランディングのオムニモスーク

リブランディングとは3:リブランディングの失敗例

トロピカーナは、2008年にリブランディングを試み、広告代理店「Arnell」と契約し、大幅なパッケージのリブランディングを行いました。

5ヶ月間のデザイン作業、ローンチキャンペーン、そして$35Mのマーケティング費用を費やしたそうです。

しかしながら、結果は20%売上ダウンと大損することになり、すぐ30日後に従来のパッケージデザインに戻しました。

実際にパッケージがローンチされたときには、消費者からの反応が全く良くなかったようです。

新しいデザインでは、消費者とのつながりが良い方向へアップデートできなかったわけですが、このような事例は、決して珍しいことでは有りません。

-->