ブランディングのオムニモスーク

マスターブランド戦略(ブランドアンブレラ戦略)における「マスターブランド+名称」

マスターブランド戦略(ブランドアンブレラ戦略)における次の事例は、先程の一風堂で考えてみたいと思います。

一風堂は、一風堂赤丸、一風堂白丸、一風堂ホットもやしソース、一風堂秘伝のとんこつダシなどが挙げられます。

マスターブランド戦略(ブランドアンブレラ戦略)における「マスターブランド+名称」では、すでに強いブランド連想を武器にできるブランドのリーダーが優位性を持ちます。

つまり、他の一風堂以外のラーメン店が同様のことに取り組んだとしても、真新しさが足りなかったりインパクトが薄れたりすることは容易に想像できます。

-->