ブランディングのオムニモスーク

マスターブランド戦略(ブランドアンブレラ戦略)における「マスターブランド+型・番号」

例えば、「マスターブランド+型・番号」の事例であれば、メルセデス・ベンツAクラスとか、メルセデス・ベンツSクラスというものがこれに当たります。

この場合のメリットは、ブランディングにおける投資をマスターブランドに集中させることができることです。

どうしても予算が限られている場合などには、この戦略が適しているといえます。

逆にデメリットと言えば、ブランドが既存するリスクの回避が出来ないことです。

何かの不祥事があって、そのイメージがブランドを傷つけてしまうとその印象が人々の間に残ってしまいます。

また、商品同士の違いが分かりにくくなってしまって、そのブランドに対する初心者は敷居が高く感じたり、判断に迷ってしまうことがあるでしょう。

-->