ブランディングのオムニモスーク

ブランド体系に必要とされる考え方

ブランド体系とは、複数のブランドの立ち位置や関係性などを明確に構造化することで、ブランド同士のカニバリを防ぐとともに、ブランド同士のシナジーを生み出せることをゴールとしています。

そこで必要となる考え方をお伝えします。

ブランド体系の縦のレイヤーは、グループブランド、コーポレートブランド、事業ブランド、商品ブランドです。

ここで大切なことは、ブランドの世界観や思想の一貫性が求められます。

ブランドアイデンティティとは、その一貫性をもったブランドを作っていくための大切な考え方です。

もしあなたが強いブランドアイデンティティを構築することができれば、あなたのブランドにはファンとなる人々が増えていくことでしょう。

それは、「良し悪し」で判断していた顧客が、「好き嫌い」の判断となり、ブランドの考え方や行動に対してロイヤリティを持つようになります。

ブランド体系の背景には、そのブランドアイデンティティという「らしさ」が存在し、ブランド同士の関係性を強固なものにしていくのです。

-->