ブランディングのオムニモスーク

ブランド体系をEXILEで考える

皆さんはEXILEという音楽チームをご存知のことと思います。

 

ブランド体系として位置づけていくと、まずEXILEが所属している会社であるLDHがコーポレート(企業)ブランドになります。

 

そして、EXILE、EXILE THE SECOND、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEなどがカテゴリーブランドとなります。

 

さらに構成メンバーのHIRO、USA、ATUSHI、TAKAHIROが商品ブランドと位置づけられます。

 

ファンではない、一般の人々からすると、LDHというコーポレートブランドはあまり知られていないと予測できます。

 

また、エグザイルは聞いたこと合っても、その他のグループや女性グループやタレントなどもそうです。

 

最近は、音がつ活動以外にも活動の幅が広がっているメンバーですが、一人ひとりを見ると個で活躍する人はその一部ということもあるため、認知度の高いカテゴリーブランドでの活躍を強化しつつ、個々の露出がどれだけ増やすことができ、ファンを増やせるかがこれから気になる動向です。

 

つまり、あくまで主観ですが、企業ブランド、商品ブランドよりも、カテゴリーブランドが強いというポートフォリオマネジメントが見て伺えます。

-->