ブランド戦略研究会

ブランド戦略実践会

ブランド戦略実践会の意義目的(提供価値)

ブランド戦略実践会は、ブランドを創出し高めるための実践の場です。様々なケーススタディやフレームワークを活用しながら戦わないブランドづくりを支援します。 ブランド戦略実践会が目指す戦わないブランドとは、市場の変化に柔軟に対応しながら、他社に真似できない独自のビジネスモデルを展開。そして熱烈なファンがブランドの支援者となりブランドの成長を後押してくれる、というものです。これは理想のように聞こえるかもしれませんが、すでに存在する競争の中でブランドを高めようとするよりも、ブランドが成長する確率は高いと考えています。

ブランド戦略実践会の特徴

実践会にはブランディングの智慧が集まっている

ブランド戦略実践会は、アクティブラーニングという形式を取っています。みなさんが積極的にブランド戦略実践会に参画するという点が従来のセミナーとは異なります。セミナーで学べることは、昨今いくらでもオンラインで情報を得ることができます。しかし、ブランド戦略実践会では、「実践する」という会員企業の主体性を重要視しています。学び実践する会員は、実践会をうまく活用していくことで様々なメリットを受けることができます。それは、企業のブランディングにおける課題や事例を1つのテーマとして、実践会で解決や向上を試みるというものです。それは、オープンイノベーションのような形式になるかもしれませんし、事例研究対象となるかもしれません。事例として実践会で取り上げるかどうかは、そのテーマと会員企業のニーズの適合性を鑑みて決められます。

3つのブランディング

「当社はブランディングしています。」と言われる方にお目にかかる機会があります。その方は、ロゴマークやパッケージにこだわりのデザインを施していることをブランディングとおっしゃっていました。これは狭義の意味でのブランディングにおいては正しい部分もあります。しかし、広義の意味も含めると、ブランディングとは3つのレベルが存在します。この方は、コミュニケーションにおけるブランディングに関することをお話されたのだと思います。

ところが、マーケティング戦略が強くなければせっかくのブランドが認知されることはありません。そして、経営の中で、組織の考え方に一貫性がなく、また人材が育っていなければ、お客様がファンになることは難しいでしょう。一言にブランディングと言っても、理念の浸透もブランディングであり、マーケティングミックスもブランディングであり、すべての顧客接点もブランディングであるため、ブランド戦略実践会では、これら3つのブランディングを包括的に学んで実践していきます。

ブランディングとは、ロゴやパッケージをかっこよく見せることでは有りません。それは、コミュニケーションにおけるブランディングかもしれませんが、以下の通り、ブランディングは経営戦略にとても大きく関与しています。

そのため、ブランド戦略実践会では、もう少し広義の意味でのブランディングを学び、実践できるように支援していきます。例えば、ブランドアイデンティティといって、「あなたの会社らしさ」を定義し、社内に浸透させることもブランディングといいます。あなたの商品・サービスのブランドが定義され、顧客の行動を設計し、さまざまなタッチポイントで顧客がブランドを体験することで、人々の中にブランドイメージがどんどん醸成されていきます。それは、パッケージやウェブサイトをはじめ、映像、空間、インテリア、接客、器など全てのタッチポイントにおいて、顧客に対してブランドをどのように体験させるかということです。

 

ブランドアイデンティティシステム

ブランドアイデンティティシステムやカスタマージャーニーマップなどその他様々なワークや学びを通じてあなたのブランドを可視化していきましょう。ブランド戦略実践会では、会員メンバーとの情報交換によって、あなたの理解もさらに深まっていきます。

参加者の声

参加者の声

ブランド戦略実践会の主な内容

・ブランド戦略概論によりブランドを包括的に学ぶ
・ブランド戦略構築のためのワークショップ
・インナーブランディングのためのチームビルディング
・国内外におけるブランディング戦略事例研究
・コミュニケーション戦略事例研究
・会員企業による事例研究発表
・ブランディング成功企業訪問
・ブランディングの数値化と顧客のファン化
・新規事業開発創出のためのワークショップ
・会員間のアライアンス促進による新規事業開発
・会員企業のオープンイノベーション支援
・ゲストスピーカー招聘、など

ブランド戦略実践会

申込書ダウンロード

 

月額3万円(税抜)1社2名様までどなたでもご参加いただけます。

ブランド戦略研究会の会員様向けの情報として共有されるため、継続会員(月額3万円<税抜>・1社2名様まで参加可能・12ヶ月以上在籍)のみのお申し込みが可能です。 研究会は毎月第3木曜日(9月のみは第4金曜日)14:00〜18:00/懇親会19:00〜を予定しています。日程の調整ができなかった会員の皆様には、後日映像でご覧いただけます。研究会の実施は、コロナ収束までオンラインとオフラインの両方で計画しています。お申込み後、会場のご案内をさせていただきます。

みなさんのお申込みを楽しみにお待ちしています。

 

代表者名
会社名
メールアドレス
電話番号
緊急連絡先(携帯番号)
FAX
会社住所
URL
現在の課題をお聞かせください。

【利用規約】

本規約は、ブランド戦略実践会(株式会社オムニモスーク)(以下、「当会」といいます。)が有料で提供するセミナーサービス(セミナー定額プラン及び、セミナー映像配信、当該セミナー用テキスト等を提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。))の利用について定めるものです。本サービスの利用を申込みされた方は、本規約の内容すべてを確認した上で同意し、また遵守することに同意したものとみなします。
 
第1条(本サービスの利用申込み、支払)
1.本サービスの利用を希望される方(以下「申込者」といいます。)は、当社ホームページ上の申込みフォームに必要事項を記載頂く方法等、当社所定の方法により本サービス利用契約の申込みを行うものとします。当該申込みの時点で、申込者は、当社ホームページ上の本サービス説明ページ及び特定商取引法の表記等に示された利用料金その他利用条件のすべてを確認の上、承諾したものとみなします。
2.当会が前項の申込みに対し、所定の方法で当該申込みを承認したときに、本規約に基づく本サービスの利用契約が申込者と当会との間で成立するものとします(以下、当該利用契約が成立した時点以降の申込者を「契約者」といいます。)。
3.契約者は、当会が送付する請求書に指定された方法、期限を遵守して、本サービスの利用料金を支払うものとします。
 
第2条(権利・帰属・著作権)
当会が本サービスで提供するコンテンツに対する著作権は当社または正当な権利を有する権利者に帰属するものであり、契約者が以下の行為を行うことは著作権侵害となる場合があります。
1.本サービスで提供されるコンテンツの一部又は全部を当研究会に無断で転載すること
2.本サービスで提供されるコンテンツの一部又は全部を当研究会に無断で改変若しくは要約して印刷物若しくは電子媒体に掲載すること
3.その他当研究会に帰属する著作権を侵害する行為を行うこと
 
第3条(利用の停止等)
1.契約者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、当会は、事前に通知又は催告することなく、当該契約者による本サービスの利用を一時的に停止し、又は、当該契約者との契約を解除することができます。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)当会に提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(3)過去当会との契約に違反した者またはその関係者であると当会が判断した場合
(4)その他、当会が契約者による本サービスの利用、又は、本サービス利用契約の継続を適当でないと判断した場合
2.当会は、本条に基づき当社が行った行為により契約者に生じた損害について一切の責任を負いません。
3.当会は、本条1項各号に該当する契約者に対し、損害賠償請求権等の法的措置をとる場合があります。
4.本条に基づき当社が行った行為により、契約者が本サービスを利用できなくなる期間があったとしても、契約者は本サービスの全視聴期間分の支払い義務を負うものとします。
 
第4条(掲載情報)
1.当会は、本サービスに掲載されている情報の正確性については万全を期していますが、本サービスの情報の利用に伴い、契約者に不利益や損害が発生したとしても、当会はその責任を一切負うものではありません。
2.当会は、本サービスの管理運営の必要上、契約者に事前に通知することなく、当会の判断によって本サービスで公開されている情報の追加、変更、修正、削除を行う場合があります。当会は、いかなる場合においても、 当該情報の追加、変更、修正、削除等によりお客さまに生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。
 
第5条(規約の変更)
本利用規約は、法令の改正、社会情勢の変化、コンピュータ技術の進歩等によって妥当性を欠くことになったと当会が判断した場合には改訂します。その場合、当会は契約者に対して改訂の内容を当社ホームページ上の本サービス説明ページ上などにおいて、速やかに告知するものとします。
 
第6条(免責事項)
当会は、当会による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、及び本サービスの利用による機器の故障もしくは損傷、その他本サービスに関して契約者が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
 
第7条(本サービスの内容の変更、終了)
1.当会は、当会の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。当会が本サービスの提供を終了する場合、当社は契約者に事前に通知するものとします。
2.当会は、前項の措置に基づき契約者が被った本サービスの利用料以外の損害について一切の責任を負わないものとします。
 
第8条(契約者情報の取扱い)
1.当会による契約者情報の取扱いについては、別途当会プライバシーポリシーの定めによるものとし、契約者はこのプライバシーポリシーに従って当会が契約者の情報を取扱うことについて同意するものとします。
2.当会は、契約者が当社に提供した情報、データ、閲覧した記事の内容等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当会の裁量で、利用及び公開することができるものとし、契約者はこれに異議を唱えないものとします。
 
第9条(禁止事項)
契約者は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。
(1) 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
(2) 当会、本サービスのセミナー講師その他関係者に対する詐欺又は脅迫行為
(3) 公序良俗に反する行為
(4) 当会、本サービスのセミナー講師その他関係者の知的財産権、肖像権、ブライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
(5) 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(6) 第三者に成りすます行為
(7) 本サービスの他の利用者の情報の収集
(8) 当会、本サービスのセミナー講師その他関係者に不利益、損害、不快感を与える行為
(9) 反社会的勢力等への利益供与
(10) 前各号の行為を直接又は間接に惹起し、または容易にする行為
(12) その他、当会が不適切と判断する行為
 
第10条(退会)
年間契約者は、退会に関する申し出がない場合、自動継続となります。末締め解約は、解約希望月の前月末日までに申し出を行うものとします。契約者が、本サービスの利用を終了する場合は、当会所定の方法により契約者自身で退会の手続きをするものとし、当会が確認したことをもって契約者が退会した(利用契約が解除された)ものとします。

第11条(費用)
1.本サービスに係わる費用は次の通りとします。
(1)月額30,000円+消費税
(2)契約者の要請・事情等によるサービスは株式会社オムニモスーク規定の方法による見積もりといたします。
2.当会は、本サービスの費用を改定することができるものとします。

第12条(支払方法)
1.第11条に定めた料金等は当会の指定する方法(自動引落)による支払いとします。
2.当会は申し込み受付後、速やかに請求します。
3.前各項の定めにより料金等の請求を受けた契約者はすみやかに自動引落申し込みの手続きを行うものとします。

第13条(裁判管轄)
本契約により生ずる権利義務に関する訴訟については、被告の本店所在地を管轄する地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とする。
 
第14条(規約外の定め)
この利用規約に定めのない事項については、民法等の法令によるほか契約者と当社との間で誠意を持って協議し、解決するものとします。

【プライバシーポリシー】

本規約は、ブランド戦略実践会(株式会社オムニモスーク)(以下、「当会」といいます。)は、当会が取得した個人情報の取扱いに関し、個人情報の保護に関する法律、個人情報保護に関するガイドライン等の指針、その他個人情報保護に関する関係法令を遵守します。

1.個人情報の安全管理
当会は、個人情報の保護に関して、組織的、物理的、人的、技術的に適切な対策を実施し、当社の取り扱う個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずるものとします。

2.個人情報の取得等の遵守事項
当社による個人情報の取得、利用、提供については、以下の事項を遵守します。
(1)個人情報の取得
当会は、当会が運営するブランド戦略実践会において個人情報を取得することがあります。
(2)個人情報の利用目的
当会は、当会が取得した個人情報について、法令に定める場合又は本人の同意を得た場合を除き、以下に定める利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません。
① 当会の運営、維持、管理
② 当会を通じたサービスの提供及び紹介
③ 当会の品質向上のためのアンケート
(3)個人情報の提供等
当会は、法令で定める場合を除き、本人の同意に基づき取得した個人情報を、本人の事前の同意なく第三者に提供することはありません。なお、本人の求めによる個人情報の開示、訂正、追加若しくは削除又は利用目的の通知については、法令に従いこれを行うとともに、ご意見、ご相談に関して適切に対応します。

3 .個人情報の利用目的の変更
当会は、前項で特定した利用目的は、予め本人の同意を得た場合を除くほかは、原則として変更しません。但し、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲において、予め変更後の利用目的を公表の上で変更を行う場合はこの限りではありません。

4.個人情報の第三者提供
当会は、個人情報の取扱いの全部又は一部を第三者に委託する場合、その適格性を十分に審査し、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行うこととします。

5.個人情報の取扱いの改善・見直し
当会は、個人情報の取扱い、管理体制及び取組みに関する点検を実施し、継続的に改善・見直しを行います。

6.個人情報の廃棄
当会は、個人情報の利用目的に照らしその必要性が失われたときは、個人情報を消去又は廃棄するものとし、当該消去及び廃棄は、外部流失等の危険を防止するために必要かつ適切な方法により、業務の遂行上必要な限りにおいて行います。

7.担当窓口
当社は、個人情報の取扱いに関する担当窓口及び責任者を以下の通り設けます。

【株式会社オムニモスーク】
810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲6-27 親和銀行福岡ビル5階
info(at)omnimosouq.com
担当:安田孝廉

 

-->