• 2019年10月22日
  • 2019年10月22日

■ブランドエクイティピラミッド:コカ・コーラとペプシコーラの事例:ブランドレゾナンス(Resonance)

ブランドレゾナンスとは、ブランドと顧客の感情移入の度合いを意味し、強く積極的なロイヤリティを目指したいエリアになります。 アーカーが伝える「ブランドロイヤリティ」がこの部分であるといえます。 コカ・コーラ:消費者を巻き込む、コミュニティ、愛着 ペプシ […]

  • 2019年10月21日
  • 2019年10月21日

■ブランドエクイティピラミッド:コカ・コーラとペプシコーラの事例:ブランド・フィーリング(Brand feeling)

ブランド・フィーリングとは消費者のブランドに対する感情的な反応・評価です。 こちらも消費者にポジティブで好意的な反応をとってもらうことが必要です。 そうすることで上位ロイヤリティのレゾナンスへと育てていくことができるのです。 コカ・コーラ:幸福感、共 […]

  • 2019年10月20日
  • 2019年10月20日

■ブランドエクイティピラミッド:コカ・コーラとペプシコーラの事例:ブランド・ジャッジメント(Brand Judgement)

ブランド・ジャッジメントは消費者からの商品・サービスの機能や品質に対する評価度合いです。 ブランド・ジャッジメントでは、ポジティブで好意的な反応について規定し、ブランドを構築していくための道標にしていきます。 コカ・コーラ:革新的、忠誠、リーダー、卓 […]

  • 2019年10月19日
  • 2019年10月19日

■ブランドエクイティピラミッド:コカ・コーラとペプシコーラの事例:ブランドイメージ(Brand Imagery)

「ブランドイメージ」とは消費者の頭の中に存在するブランド像のことです。コカコーラとペプシコーラでは以下のようになります。 抽象的なイメージで顧客の心理的ニーズを満たしているかどうかが見て取れます。 コカ・コーラ:ハピネス、クリスマス、社交的、時、楽し […]

  • 2019年10月18日
  • 2019年10月18日

■ブランドエクイティピラミッド:コカ・コーラとペプシコーラの事例:ブランドパフォーマンス(Brand Performance)

2、ブランドエクイティピラミッドの構成要素:ブランドパフォーマンス(Brand Performance) ブランドパフォーマンスとは「実用的な顧客ニーズをどれだけブランドが満たしているのか」ということです。 つまりブランドの価値がどれだけ理解されてい […]

  • 2019年10月17日
  • 2019年10月17日

■ブランドエクイティピラミッド:コカ・コーラとペプシコーラの事例

ケラーのブランドエクイティモデルに基づき、強力なブランドを構築するには、顧客が製品についてどのように考え、感じているかを形作る必要があり、顧客がブランドについて具体的で前向きな考え、感情、信念、意見、認識を持つように、ブランドに関する適切なタイプのエ […]

  • 2019年10月16日
  • 2019年10月16日

■ブランドエクイティピラミッドの構造について

ブランドエクイティピラミッドの左側は消費者の理性評価であり、右側は感性・感情評価となります。 この構造でお伝えしたいことは、ブランディングとは品質や機能を追求する理性評価だけではなく、感性や感情を満たす価値の提供も必要だということです。 そしてピラミ […]

  • 2019年10月14日
  • 2019年10月14日

2、ブランドエクイティピラミッドの構成要素:ブランドパフォーマンス(Brand Performance)

ブランドパフォーマンスとは、製品やサービスが満たそうとしている機能的な顧客ニーズと関わっており、客観的にどのような品質をブランドが持っているのか、実用的で経済的な顧客のニーズや欲求をどの程度ブランドが満たしているのか、ということを知ることができます。

  • 2019年10月13日
  • 2019年10月13日

1、ブランドエクイティピラミッドの構成要素:ブランドセイリエンス(Brand Salience)

ブランドの最も底辺にあるものは、ブランドセイリエンスです。 Sailienceとは、「尖った」部分であり、ブランドの突出性のことです。 要するに、顧客のブランドに対する認識の強さのことであり、様々な属性の人たちがどれくらい頻繁に、どれくらい簡単にブラ […]