ブランディングのオムニモスーク

■ポジショニング:ポジショニングの軸<購買状況の軸>

ポジショニングの軸、第六弾は購買状況の軸となります。

あなたの商品・サービスに対して、お客様はどのような購買の方法をされていますでしょうか。

通販、または小売販売ですか?そしてサブスクリプションですか?下請け、または元請けですか?先払いですか?小切手や掛売りですか?そして、クレジットカード、コンビニ決済、最近では電子マネーや仮想通貨という手段も存在します。

このようにお客様からのお支払いもさまざまあると思います。

余談ですが、先日電車に乗っていた際、若い女性が現金を持ち歩かずに別料金が発生する電車に乗ってしまい、支払いができずに困っていました。

そこで、私の回数券を一枚差し上げたのですが、電車を降りて若い女性がお礼を言ってくれ「ペイペイで払わせてください」と言われたのです。

世の中は変化している瞬間を目の当たりにしました。

現金を持ち歩かず、電子マネーのみで生活している方々がいらっしゃるのだと。

またある企業の経営者は、支払いは先に前払いで現金で支払うそうです。

それは、仕入れコストを抑えるためにそのようにされているとのことでした。

なるほど、そうすれば、商品を納入する方はリスクを持たずに入った現金で生産して納品すればいいので、コストを抑えられるとのことでした。

購買状況の軸とはこのように購買者の支払い方法だけでも他社と差別化する方法があるとのことです。

今の所、JRは社内で現金は使えません。

同じ同業者も手形を出すこともあれば、支払いサイトも6ヶ月ということもありますが、一方で現金先払いもおられます。

これら違いだけでも購買者にとっては心理的なストレスは変わってきます。

同じ金額を払うだけではないのです。

お金を移動させることはそれだけ皆さん神経を使っているので、その点をどうあなたのビジネスに活かすことができるでしょうか?

ぜひご一考くださいませ。

-->