ブランディングのオムニモスーク

■消費者インサイトとは

あなたは、ブランド戦略を考える上で、ターゲット顧客が想定できているでしょうか?

そして、あなたがマーケティング担当者であれば、顧客ニーズの把握に取り組んでいるはずです。

昨今、日本は物余りの時代であり、なおかつ情報過多の時代であると言われています。

あらゆる市場で飽和状態となり、品質や機能の向上だけでは、ターゲット顧客の購買意欲を掻き立てるまでにはなかなか至らないのではないでしょうか。

製品のライフサイクルが成熟し、衰退期に至れば至るほど、ターゲット顧客の興味関心が無くなってしまいます。

多くの産業において、成熟した日本でのマーケティングは、ターゲットが気づいてもいない「アンメットニーズ」を見つけ出す観察洞察力を必要とします。

すでに顕在化されているニーズに対しては、競合他社が模倣商品を並べ、あなたの商品と過当競争となってしまっているのではないでしょうか。

これからのブランディングやマーケティングに求められるスキルは、まだ出会っていない潜在ニーズを顕在化することです。

つまり、ターゲット顧客にとって、こんなの待っていましたと言わしめる商品サービスの提供が求められています。

それこそが、「消費者インサイト」であり、あなたの会社にとってあらたなマーケティングの切口となってくるでしょう。

今回は、消費者インサイトについて様々な目線でお話していきます。

-->