ブランディングのオムニモスーク

■ターゲティングまとめ

いかがでしたか?ターゲティングのやり方が理解いただけたでしょうか。

ターゲティングにおいて、一般消費者のような全員というターゲットは機能しません。

また40代女性という大まかすぎるターゲットは、より具体性が必要です。

ターゲット顧客の見える化と呼んでいますが、そのプロセスがターゲティングです。

ただ、条件も色々とあって、設定したKPIを実現し、競合他社との差別化を行い、顧客像が従業員と共有できるまでに具現化していく必要があります。

また一方で、Rank(優先順位)、Realistic(有効規模)、Reach(到達可能性)、Response(測定可能性)という4Rという判断基準を持つことも求められます。

どんなターゲットにしようという意思決定をする上でも、様々な要因が関与していることは事実です。

これらは感覚に頼るのではなく、どれだけ戦略的にロジカルに考えられるでしょうか。

しかもクリティカルに。

ターゲティングは正しくできているだろうではなく、Aというケースの場合はどうだろうか、Bというケースはどうだろうかと様々な状況を想定して、仮説と検証の上に設定していきましょう。

当事者としては、あまりクリティカルに考えたくないことにも直面するかもしれません。

しかし、その積み上げでしか事業を成功に導けないのです。

ターゲティングはそのための大切なステップだと理解し、アップデートを重ねていただければと思います。

-->