ブランディングのオムニモスーク

■事業戦略における正しいターゲット設定の決め方

ターゲティングの成功とはどのようなものかといえば、顧客のニーズと商品・サービスの交差点が最高レベルであり、なおかつ市場がもっとも最大化した状態ではないかと思います。

ニーズにヒットさせるためには、ターゲットを選択した上で、なおかつ競合他社との比較という課題にも直面します。

そのため、作業的なターゲティングにならないように、KPIを定めた上で、ターゲティングが機能しなければならないということを頭の隅っこに考えておかなければなりません。

繰り返しますが、ターゲティングの成功というものは、適切なマーケットで収益を最大化させることが前提であるということです。

あなたはそのターゲットにマーケティングを行ったときにどれくらいの事業性があるかなど、様々な視点で包括的に検討しなければなりません。

ところが、そうは理解していても、なかなか簡単にターゲティングが機能せず、多くの企業が顧客像をつかめないまま事業を進めているケースが見受けられます。

あなたはチラシやパンフレットを作るときにだけターゲット設定を年齢と性別だけで作成したりしていませんか?

そんなときは、もっと根本的なブランド戦略の見直しが必要かもしれませんね。

話は戻しますが、留意すべきターゲット設定のポイントは、

・設定したKPIを実現しうるものかどうか。
・そして、どうターゲットにリーチさせるか。
・競合他社との差別化は明確かどうか。
・顧客像が見える化できているかどうか。

ターゲティングは、ペルソナという形にて共有すると社内のコンセンサスが取れやすく、有効であると思います。

-->