ブランディングのオムニモスーク

・行動変数によるセグメンテーション

行動変数とは、曜日や時間、購買の状況、経路、頻度、使用場面、求めるベネフィット、利用経験、ロイヤリティ、利用水準、購買準備段階などの消費者が実際に購入した要素で分類するものです。

昨今では、解析ツールやMAなどの台頭により、オンラインでは随分と顧客の動きが把握できるようになってきました。

どのような意識で、どんな様子でユーザーが買い物をしているかなどが行動変数に関係します。

例えば、雑誌を例に上げると、コンビニやamazon、書店で購入するという購入場所や経路による違いもあれば、毎月購入する、定期購入する、都度購入するという頻度の違いもあるわけです。

また、最近は決済方法も多様化していることも興味深いですね。

カード払い、交通系電子マネー払い、現金、プリペイド、仮想通貨などの多様化していますが、あなたはどんな決済方法を選択しますか?

求めるベネフィットは、品質、サービス、価格、スピード、利便性、懐かしさなど様々なものが挙げられます。

ロイヤリティは、ゼロ、強い、中程度、などのレベルがありますね。

いかがでしょうか。

このように購入における行動変数というのは、いろいろと考えられるものですね。

-->