ブランディングのオムニモスーク

・人口動態変数によるセグメンテーション(デモグラフィック変数)

人口動態変数も同様に項目を決めていきましょう。

人口動態変数というものは、年齢、性別、家族構成、家族のライフスタイル、年収、職業、最終学歴など、ヒトの活動に起因する変数であり、デモグラフィック変数と呼ばれることもあります。

具体的には、子育て、住宅や就職などは人口動態変数によるセグメンテーションがよく活用されます。

人口動態を元にしたデータは、総務省や公的機関等からも統計や調査結果が公開されていますので、オンラインで検索できるものもあります。

さて、人口動態変数もセグメントしてみましょう。

例えば、年齢という切口であれば参考として、10代未満/10代/20代/30代…という具合にセグメントすることができます。

また、家族構成ということであれば、核家族/3世代家族/単身/未亡人/4人家族/5人家族…というようにセグメントできました。

家族のライフスタイルは、昨今多種多様になっています、自然派、都会派、健康志向、趣味優先、スポーツ、アウトドア、インドア、文化など多様化していることがご理解いただけると思います。

これらは将来的にペルソナ設定にもに生かされていきますので、様々な視野で一覧を作成してみてください。

-->