ブランディングのオムニモスーク

セグメンテーションとは?:2、STP戦略におけるセグメンテーションとは?

STPとは、S:セグメンテーション、T:ターゲティング、P:ポジショニングの頭文字です。

外部環境分析と内部環境分析の後にこのSTP分析を行うというのが、マーケティング戦略の一般的な進め方ですが、S:セグメンテーションというものは、どんなセグメントに分類するかを考えていく大変重要なステップです。

このセグメントの分類の仕方には、「基本セグメント」と「固有セグメント」というものがあり、特に固有セグメントの方は業界によって異なるため、後ほどやり方を共有させていただきます。

セグメンテーションとターゲティングの違いをなかなか私も理解できていなかったんですが、分類して一覧にするまでがセグメンテーションで、その一覧から選択することがターゲティングです。

そのため、セグメンテーションが最初の段階でずれていると、ターゲティングも結果的にずれてしまうことになります。

ポジショニングはセグメンテーションと用途が違うので理解はされやすいのですが、ここでもセグメンテーションがずれてしまうと、独自の強みを業界においてどう発揮するかが異なってしまうので、しっかりと考えていきたいものです。

-->