ブランディングのオムニモスーク

セグメンテーションとは?:1、セグメンテーションの背景

街を歩けば、いつも新しいものに目が移り、いつの間にか気に入っていた商品から興味がなくなりその商品は消えていく。

そんなことってあまり気にされて生活していないかもしれませんが、市場や消費者においては、成熟化が進み、ニーズが多様化していることはご理解いただけるでしょう。

世の中の人に喜んでもらいたいと思って作った商品でも、実際に全員に喜んで頂くことなんて不可能な話で、一度に全員は満たすことができません。

そして全員に喜んでもらうということは決して効率的と言うことはできません。

市場が成熟し、消費者のニーズが多様化する中において、企業は顧客を絞り込んでいかなければなりません。

その第一歩がセグメンテーションとなります。

意図的に、戦略的にセグメンテーションを行うことで、企業にとっては企業な資源を有効に活用できるというメリットに繋がります。

抽象的な表現ですが、私が好きな言葉で「掘り下げれば掘り下げるほど穴は横に広がる」というものがあり、どこを掘り下げるかその選択肢を作ることがセグメンテーションということができます。

-->