ブランディングのオムニモスーク

・3C分析の重ねて使う、そのやり方:4、市場✕自社✕競合

今回の3C分析ですが、振り返りを致します。

『Competitor(競合他社)と異なるやり方で、Customer(顧客)のニーズを満たすCompany(自社)の強みを用いて売上・利益を上げることということができます。

そして、この3C分析の目的は、同業他社がまだ取り組んでいない市場において、他社よりも魅力的な商品・サービスを用いることで優位性を生み出し、有利に事業を展開することです。

特に大事にしたいことは、「価値」です。』

これらの3者が重なる部分というのは、競合他社も市場ニーズに対して価値を提供しています。

競合他社も一社ではないので、彼らとの違いを考え、なおかつあなたが市場のニーズに応えるものであるということが3C分析で目指すゴールです。

できること、やるべきことを見つけ、1つづつ行動を変えていく、そんなきっかけに3C分析はなると思いますので、上手に生かしていただければと思います。

-->