オムニモスーク

・3C分析の重ねて使う、そのやり方:3、自社✕競合

この掛け合わせの中で考えなければならないことは、自社と他社の商品やサービスの重なり部分において、どんな違いがあるかということです。

また、もう一つは、あなたの会社では取り組んでいて、競合他社の商品・サービスで取り組んでいない何かが存在するかどうかを検討するということです。

まとめると、自社✕競合において、似ている商品・サービスがあるとすれば何が競合より上回っているか、何が競合より下回っているを考え、またあなたが取り組んでいることで、競合が取り組んでいないものを明確にしましょう、ということです。

シンプルにいえば、競合との違いを見つけ、競合が取り組んでいないことを見つける、です。

その違い発見のポイントは、ここまで触れてきた、コアターゲット、4Pオペレーション、提供価値などです。

3C分析はシンプルなフレームワークですが、深く考えれば考えるほど見えなかったものが見えてくるという奥の深いフレームワークにだと思います。

-->