オムニモスーク

・3C分析は重ねて使う

ここまで3Cの活用についてのステップを御覧いただきました。

ここからが3C分析をより活用していくわけですが、あなたの会社は絶対的な価値と相対的な価値の両方を、競合他社や顧客に対して位置づけていくかを考えていく必要があります。

あなたの会社の強みは、競合他社に劣っていれば強みとは言えなくなりますし、勝っていた場合は顧客に対して魅力でなければなりません。

少なくとも魅力に思ってもらわなければなりません。

これらの判断は、今までご説明してきた3者の分析が大変重要になるわけです。

あなたの会社の強みや提供価値、ブランドパーソナリティはこう定義しています、といったところで競合他社や顧客、また両者との関係性を考えながら自社の魅力を高めていくことを行わなければなりません。

-->