ブランディングのオムニモスーク

・ファイブフォース分析活用方法1:セブンイレブンオーナーの売り手の交渉力、買い手の交渉力、新規参入者n脅威、代替品の脅威。

あなたが店舗オーナーである場合、売り手の交渉力としての売り手はセブンイレブンのフランチャイザー本部になります。

ここではオーナーであるあなたは、全く力関係で勝負になりません。

セブンイレブンの本部に価格も決められ、効率化のための経営指導を受け、店舗を運営していくことになります。

よく話を耳にするのは、セブンイレブンの本部側に力が偏っているということです。

・ファイブフォース分析活用方法1:業界内の競争

業界内の競争といえば、ローソンやファミリーマートなどの同業者が業界内の競争にあたります。

近隣エリアにおそらく他社のコンビニエンスストアは存在するくらい飽和状態のように感じます。
  
しかし、オーナーの立場として、どのように強みを発揮するかの選択肢は限られているかもしれません。

・新規参入の脅威

あなたの地域に新規参入するかは、あなた自身が市場をどのように捉えているかが大事なるかもしれません。

新規参入する立場としては、マーケットがあり、生き残ることができそうであれば、参入の可能性は高いと考えられますし、逆であれば参入は困難になるでしょう。

過去の実績を元にどれくらいの収益が上がるかは精密に精密にシュミレーションされているはずです。

・代替品の脅威

昨今は、ドラッグストアの成長には眼を見張るものがあります。

また24時間営業の大型スーパーもちらほら見かけますので、その環境に大きく影響を受けると思います。

店舗オーナーはそれらとの差別化された商品構成を検討し、長期的な対策を考えておかなければなりません。

-->