ブランディングのオムニモスーク

ファイブフォース分析:代替品の脅威

代替品の脅威とは、代替品によってどれくらいマーケットのシェアを奪われる可能性があるかを分析していきます。

あなたの顧客になりうる企業にとっても消費者にとっても、予算というものには限界があります。

それを財布として例えるとあなただけではなく、いろいろな商品やサービスがその財布を狙っているわけです。

それらの中で代替品というものは、いわゆる間接競合という立場といえるの存在です。

代替品の脅威1:コストの低さ

あなたが新規参入しようとしている業界に、もし費用が安い代替品gな存在すれば、あなたのシェアや利益は奪われる可能性があります。

例え高級寿司店を開業したいと考えているところに回転寿司が近くに存在すれば、あなたのシェアを押し下げる影響力を持っていると考えられます。

このようにコストが低い代替品が存在すると、利幅が低くなると予測できます。

代替品の脅威2:提供価値の高さ

コストの低さと真逆かもしれませんが、顧客があなたの商品・サービスよりも価値があると判断した場合、顧客はそちらを選択することが予測できます。

それは、金額が安いと言うだけではありません。

商品・サービスによって提供される価値がどうであるかが重要です。

代替品の脅威3:代替品の種類や数

代替品の種類や数が多い状態というのは、例えば居酒屋などはその一例に挙げられるのではないでしょうか。

居酒屋の代替品といえば、ファーストフードもあれば、スーパーのお惣菜、中食、デリバリーなどが上げられるでしょう。

財布の中身には上限が存在します。

そのなかでどのように代替品にシェアを奪われる可能性があるかしっかりと検討してみてください。

-->