オムニモスーク

ファイブフォース分析のロジック

ファイブフォース分析はある意図をもって構成されています。

その構成を理解しておけばより意味のある活用ができるはずです。

・業界全体における利益向上について
・業界内における利益獲得について

上記はファイブフォース分析を行う上で大変重要な視点であり、この2つがかけてしまうとファイブフォースを活用できたとは言えないでしょう。

ファイブフォースとは5つの力による、「力関係」を理解するためのものです。

ビジネスには力学が働いており、力関係の強さ弱さによって利益の分前が変わってきます。

1、ファイブフォース分析のロジック:業界全体における利益向上について

新しい商品やマーケット創造においては、できるだけ利益を作りたいために売上を上げて、コストを下げたいと思うはずです。

ファイブフォース分析を活用する理由は、業界全体の利益の上げやすさを理解できからです。

・買い手の交渉力

買い手の交渉力というのは、あなたの商品サービスの販売先です。

あなたが飲食業界に参入しようとしたら買い手は一般消費者であり、製造業に参入しようとしたら商社や卸会社となるでしょう。

これらの交渉力には力学が働いています。

商品のコモディティ化が進んでいれば、それらは買い手から価格交渉されることがありますし、同業他社との比較の上価格が設定されることと思います。

流通関係のお仕事をされている方は特に感じられると思いますが、スーパーやドラッグストアなどに商品を卸している方はなかなか売上が取れるビジネスにはならないかもしれません。

そのような業界では熾烈な価格競争が繰り広げられているはずです。

そのため流通業界に参入したいと思ったならば、企業にとっては売上を下げる要因があるため、売上を上げるという点においては魅力が薄いかもしれません。

-->