オムニモスーク

ファイブフォース分析で仮説を立てる

ファイブフォース分析(5Forces Analysis)はマイケル・ポーターの著書『競争の戦略』で学会だけでなくビジネス界にも広く知れ渡りました。

ファイブフォース分析(5Forces Analysis)とは、

・買い手の交渉力
・売り手の交渉力
・業界内の競争
・新規参入の脅威
・代替品の脅威

という競争要因となる5つの力から業界全体の魅力度を測ります。

またそれぞれの要因と自社の力関係をきちんと理解し、自社にとってどれだけのメリットがあるかを考えていきます。

基本的にファイブフォース分析では、「企業は競争が激しい業界においては収益性は低くなり、競争が限定的な業界においては収益性は高くなる。」ということがすぐにご理解いただけると思います。

そのため、

どのような条件設定であれば競争が激化し、収益性が下がりやすくなってしまうのか?またどのような条件設定であれば競争が起こらず、収益性を高めることができるのか?を分析することができます。

条件とは仮説をどのように設定するかです。

ファイブフォース分析は5つの空欄を埋めることが目的ではなく、参入した市場において5つの競争要因をどのように攻略していけば収益性を高めることができるのか、またどのコストを落とすことが我社にメリットを高めることができるのかなど、戦略を立てるため様々な視点で仮説を立てていっていただければと思います。

-->