ブランディングのオムニモスーク

■アンゾフの成長マトリックス

アンゾフの成長マトリックスとは、イゴール・アンゾフ(1918-2002)氏によって提唱された、事業の成長・拡大を図る際に用いられるマトリックスです。

事業を「製品」と「市場」の2軸で捉え、そしてその2軸をさらに「既存」と「新規」に分けて表した企業の成長戦略を4つの窓で表現しています。

このマトリックスは、企業が既存の商品を今の市場で更に事業拡大を目指すべきか、新しい市場に参入すべきかなど、成長戦略の方向性を探る際に客観的に検討することができるものです。

アンゾフは「競争優位の戦略」の著者であるマイケル・ポーター氏や「コア・コンピタンス経営」の著者であるゲイリー・ハメル氏にも大きな影響を与えており、マトリックスは現市場で商品販売を強化する「市場浸透」、新市場で既存商品販売を行う「市場開拓」、新商品を既存市場で販売する「製品開発」、そして新商品をまったく新たな市場で販売する「多角化」の4つの窓に分けることができます。

・4つの成長
市場浸透:既存の市場×既存の製品
市場開拓:新規の市場×既存の製品
製品開発:既存の市場×新規の製品
多角化:新規の市場×新規の製品

効率的な事業成長は、市場浸透戦略です。

しかし、競合他社も存在することで利益が生み出しにくい環境であったりもするでしょう。

そこで既存製品を新しい市場に横展開できないかと考え始めるわけです。

例えばですがホテル業界からアパレル業界などどんな業界でもいいのですが、自社が効率的に他の市場で成長の機会を生み出せないだろうかと。

ある商品を開発してきたが、その原材料を生産しようと考えるのは製品開発といえるでしょう。

焼肉屋が畜産業に参入するなどはその好事例です。

多角化は弊社のようなブランディング会社が飲食店を経営するということはまさに多角化と言えます。

仕入れや料理のことは全く経験がないために新たな市場で新たな製品での商売となるわけです。

事業を行っていく上で、どう事業を拡大していくかは常に考えていかなければならないのですが、このようにアンゾフの成長マトリックスは頭の中を整理するのにたいへん役に立つものです。

-->