オムニモスーク

消費者の知覚品質とブランドについて:知覚する品質と価値を高める手法

多くの方々は、今の時代の中で良いものを作れば販売量が増えるという時代ではないと理解できるのではないでしょうか。

製造業が市場の中心にあった頃は良いものを作るということが大切にされていた価値観だと思います。

ところが、ここまで情報産業が隆盛を高めている昨今、良い製品を伝えるという手段に長けている必要があります。

品質が良いものは世の中にすでにたくさん存在します。

その上で、消費者に選んでもらえる手法がブランディングだということは何度もお伝えしてきました。

あなたが消費者の立場だとしても、良いものはたくさん存在しますが、その良いものに本当にたどり着けているかは疑問が残るでしょう。

だからこそ、商品にたどり着いた消費者に対して、品質がいいことを知覚してもらわなければなりません。

世の中にモノが溢れた成熟期において、競合他社との差別化には本当に頭を使います。

多くの企業がその血みどろの価格競争から抜け出したいと考えているのではないでしょうか。

今回からお伝えする、知覚品質とブランドというテーマは、品質で差別化がすることが困難になってきた現代においては、理解しておくべきことです。

知覚品質とブランドを考えることで、消費者からのロイヤリティの獲得や競合他社との差別化に向けて、適切な計画と行動ができるようになります。

-->