オムニモスーク

ブランド戦略とバリューチェーン

ブランド戦略についてご紹介してきましたが、ビジネスを行っていく中で、ブランドがバリューチェーンの各段階に影響を与えているとお伝えいたしました。

1、認知度の向上と販売力強化
2、価格交渉力
3、ファン化とリピート化
4、広告宣伝コストの削減
5、事業拡大の機会創出
6、パートナー企業創出
7、仕入れコストの削減
8、人材採用力の向上
9、従業員のファン化
10、資金調達力の向上

と挙げられ、10→1の方向に向かって、バリューチェーンをイメージしていただけるはずです。

つまり、ブランド戦略は事業全体に大きな効果をもたらし、資金調達、人材獲得、商品開発、広告宣伝、マーケティングという全行程にプラスの関与をしていることが理解いただけると思います。

企業にとって課題はそれぞれですが、原理原則を考えると多くの課題をどんな企業でも共通に抱えていることは容易に考えられます。

ブランド戦略を実施し、ブランドを積み上げていくことが将来的にもいかに企業にメリットをもたらすかを共有できたのではないかと思います。

あなたの経営課題はいかがでしょうか。

経営課題の克服はこのブログで説明できるような簡単なものではないかも知れませんが、全ての経営は人の手によるものでありますので、ブランド戦略という視点を学んでいくことで、経営が変わっていきます。

ブランドとは、理念をどのように経営者と人材が体現できるかによって、消費者やお客様に伝わっていくものです。

ですので、ブランドという枠組みを理解し、経営方針として意識付けることが会社にとって長期的なメリットを生み出すことができるようになります。

ブランドを別の言い方で表現をすれば、「あなたらしさ」「会社らしさ」とも言えると思います。

その「らしさ」が理想的なパーソナリティとして成長し、消費者に伝わっていくことがブランディングになりますので、あなたの会社の「あり方」や「どうあるべきか」を定義づけ実践していくことがブランド戦略であり、バリューチェーンにおいて様々なメリットを生み出します。

-->