ブランディングのオムニモスーク

ブランディングのステップ5〜6

ブランディングのステップ5:PEST分析、ファイブフォース分析、3C分析

PEST分析とは、Political政治的、Economy経済的、Society社会的、Technology技術的の4つの軸で外部環境を分析する手法です。

実は私はこのようなフレームワークを多用しています。今日はまとめて大放出します。

このPEST分析は今の世の中を俯瞰的に考えることができます。

ここではまだ事業における戦略的な答えは生まれません。

次に紹介するのは、ファイブフォース分析です。

これは業界分析手法であり、5つの関係者との交渉力や脅威に対してどのように振る舞い、収益性を高めるかを考えるものです。

そして、3C分析は、Company、Competitor、Clientの頭文字から来ており、3者のビジネス上の関係の中から、他社が取り組んでいなくて、自社がお客様に喜ばれるものは何かを探るために活用されます。

ブランディングのステップ6:SWOT分析、マーケティングミックス

SWOT分析は活用されたことがある方も多いのではないかと思います。

内部環境のSWと外部環境のOTを掛け合わせることで、攻・育・守・捨の4つに分類させることが出来、やることとやらないことをはっきりとさせることが出来ます。

マーケティングミックスはProduct、Price、Place、Promotionの4つから構成されています。

商品と金額、流通、プロモーションをどのような戦略・戦術で戦うかを検討していきます。

ご紹介したフレームワークは続きがまだありますが、これらを全て活用するだけでも見えなかったものが見えてきます。

上手に活用されてぜひ経営を伸ばしていただきたいと思います。

-->