ブランディングのオムニモスーク

マーケティングとブランディングの違い****

マーケティングとブランディングの違い「目標・ゴール」

・マーケティング:他社と差別化を図り、最高の商品・サービスを消費者に提供する。

・ブランディング:消費者に愛され、尊敬され、ファンになってもらうブランドを作る。

目標やゴールにおいて、明らかにマーケティングとブランディングに違いが存在します。

「販売すること」と「販売することとファン化すること」の違いといえます。

販売するためには、競合他社より良い商品で、リーズナブルな価格設定が必要ですが、そのことに加えてどのようにファンになってもらうかを考えることが決定的な違いです。

顧客にファンになってもらうことはなかなか簡単なことではありません。

しかし、事業を永続的に発展させるには、販売するだけでなく、ファンを増やすということを目指していかなければなりません。

マーケティングとブランディングの違い「キャンペーン」

・マーケティング:目前の数字目標達成のために、売上を作り出さなければならない。

・ブランディング:顧客の感情移入を生み出し、ファンになっていただけるような関係性を作り出そう。

事業を継続させていくためには双方が重要です。売上も作り、ファンになっていただく。

この両軸を成立させることがクリエイティブに求められます。

「ブランディング無しのマーケティングはで凶器であり、マーケティング無しのブランディングは戯言である」

売上を作るためのマーケティングと信頼関係を築くためのブランディング。

なんとしてでも売上を作るということであれば、会社の哲学に反してしまうこともあるかもしれません。

また、売上に結びつかないブランディングというものも価値がありません。

この2つを実現する事ができるキャンペーンを意図していくことが大事なことではないでしょうか。

-->