ブランディングのオムニモスーク

ブランディングとマーケティングの違いについて

あなたは、ブランディングとマーケティングの違いについて、きちんと理解されていますか?

ブランディングとマーケティングには明らかな違いが存在します。しかし、その違いを理解できると、ブランディングがすごくわかりやすく、楽しくなります。他の会社のブランディングも理解できるようになってきますので、意識してブランディングについて考えることをおすすめしています。

ブランディングとマーケティングにおいては、マーケティングよりもグランディングの方が戦略として上位に位置しています。マーケティングはブランディングのための手段として位置づけることが重要です。

私がブランディングとマーケティングを学びだしたのは、広告会社でのキャリアをスタートしてからでした。マーケティングというものを理解していなかった私は、コトラーのマーケティング・マネジメントという約1000ページほどの分厚い書籍と格闘することを決めました。

読み進むというよりも学習という言葉が近いかもしれませんが、ページをめくるほどにのめり込んで行きました。

後から知ったのですが、そのコトラーという人はアメリカのマーケティングの神様みたいな方で、事細かに内容が書かれており、今でも第一線で活躍する方達のバイブル的存在になっています。

その書籍の中で、コトラーがマーケティングの定義を明記しています。

「マーケティングとは、個人や集団が、製品および価値の創造と交換を通じて、そのニーズやウォンツを満たす社会的・管理的プロセスである。ーフィリップ・コトラー」

また、アメリカのAMA(アメリカマーケティング協会)の定義は、マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。」とあります。

つまり、「企業の価値を顧客に提供し収益を生み出すプロセス」と両者は言われています。

私もマーケティングということに関して言えば、まったく異論はありません。

アメリカマーケティング協会の「ブランド」の定義は、

「個別の売り手もしくは売り手集団の商品やサービスを識別させ、競合他社の商品やサービスから差別化するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもの。」となっています。

弊社では、「ブランドとは、企業/商品/サービスが、購買者/非購買者に対して与える心象そのものです。ブランドは、購買者の感情移入を引き起こし、愛着心を育てる影響力を持つものです。」と定義づけています。

ブランディング(BRAND+ING)はそのための活動であります。

お気づきになりましたでしょうか。

つづきはまた明日。

-->