オムニモスーク

ブランディングがもたらすブランドバリューの向上とは***

・ブランドバリューを向上させる価値7「情緒」

情緒とは、折にふれて起こる様々の感情。また、そのような感情を誘い起こす気分・雰囲気・恐怖、驚き、怒り、悲しみ、喜びなどの感情で、急激で一時的なもの、だそうです。

情緒的価値というのは、まさにそうで、急激で一時的かつ前向きな感情を伴う価値という意味です。

以前VESPAというイタリアのバイクに乗っていましたが、そのバババババッというエンジン音が大好きで、いつか乗りたいと思って手に入れたことを記憶しています。

高級ブランドバッグも、機能だけ考えるとただの袋なのに、男性も女性はその情緒を刺激されるために購入に至ります。

それらが消費者の情緒を刺激するという理由は、ブランドを支えるフィロソフィや歴史なども関与しています。

またダイヤモンドも情緒という価値が無ければ、炭素の石です。しかし、女性をその美しさで魅了してしまいます。

・ブランドバリューを向上させる価値8「体験・経験」

ブランド価値を高めるために企業が取り組むべきことのひとつは顧客接点の強化です。

モノの価値というものは、モノの価値でしかないかもしれませんが、そこに顧客体験という価値を加えることで、もっと気持ちよく購入していただけることと思います。

それは、笑顔ひとつ、動作ひとつかもしれませんし、アップスストアのように行動そのものかもしれません。

ウェブサイトにおいてもお客様をどのように回遊させて、どのようなページを閲覧してもらうかというのは、まさに消費者の体験・経験を設計しているといえます。

スーパーの試食販売も顧客体験のひとつです。その一つひとつを意図して体験・経験させることが企業には求められています。

-->