オムニモスーク

ブランディングとは/ブランドバリューの構成要素とブランディングのステップ*

ブランドというものは、具体的な物や形で存在するわけではなく、人々の頭の中に存在します。このことは以前にも触れてきたことがありますが、とても抽象的であるためになかなか理解しにくいものかもしれません。

様々な団体が定義付けをしようとしています。マーケティングの専門家であるフィリップ・コトラーは以下のように言っています。

「ブランドとは、個別の売り手または売り手集団の財やサービスを識別させ、競合する売り手の製品やサービスと区別するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはこれらの組み合わせ」

またアメリカ・マーケティング協会(AMA)では次のように言っています。

「個別の売り手もしくは売り手集団の商品やサービスを識別させ、競合他社の商品やサービスから差別化するための名称、言葉、記号、シンボル、デザイン、あるいはそれらを組み合わせたもの。」

これらをブランドと呼ぶかと言えば、当社ではこれらに説明されているものをブランドとは呼びません。

コンパクトに説明すると、「購買者に独自性を識別させるビジュアルアイデンティティ」と言えるかもしれませんが、では、接客はどうなのか、インテリアはどうなのか、心づかい・言葉づかいはどうなのか、それぞれ全てブランドの一部であると言えるのではないでしょうか。

昨今のバイトテロや会社の不祥事、粉飾決算に至るまで会社のブランドを落とすことが多々あります。

そう考えだすと、何がブランドなのでしょうか。

弊社では、「ブランドとは、企業/商品/サービスが、購買者/非購買者に対して与える心象そのものです。ブランドは、購買者の感情移入を引き起こし、愛着心を育てる影響力を持つものです。」と定義づけています。

このチャプターでは、会社または部署を巻き込んでブランドを構築していくためのステップをお知らせしていきます。

ブランドの概念を学びながら都度実践項目を紹介しますので、是非トライしてみてください。

-->