オムニモスーク

ブランディングの事例********

9、アップルのブランディング

なぜアップルってイノベーティブな会社、かっこいい憧れる会社となったのでしょうか。

そして、アップルから離れられない、この強固なつながりはなぜでしょうか。

アップルは期待を裏切らないという、この信頼感はどこからくるのでしょうか。

アップルには今日一日のブログでは語りきれない物語が存在します。アップルは商品の組み立てたりしません。

メーカーのようでありますが、実はブランドそのものが商品だと考えています。

MacやiPhoneといった製品はありますが、その魅力はアップルの積み上げてきたブランドそのものに起因します。

もしあなたの会社の商品がブランドそのものだったとしたら、どのように企業活動に変化をお越しますか?

レッドブルと同じ考え方ですね。

冒頭にイノベーティブでかっこいいというのは、私の主観ですが、そう思ってしまっていることこそがブランディングされているということだと言えますね。

あなたの会社自身をブランドそのものに育てていくとしたら、マーケティング・コミュニケーションも変化が生まれます。

ぜひ考えてみてください。

-->