オムニモスーク

ブランディング手ほどき

あなたはブランディングと言われて明確な答えをお持ちでしょうか?ブランディングを行うためには、必要となるそのステップがあります。

1、ブランディングとは何かを学ぶ。

ブランディングとは何かを問われて、明確な答えを持っている人はほとんどいません。ぼんやりとはわかるけれどはっきりと伝えることはできない。そんな方々が多いのではないでしょうか。

ブランディングは大変抽象的であるため、多くの方が色々と語り、様々な解釈が存在します。

例えば、あなたがブランドの管理者だとして、ブランディングのことを論理的に説明できなければ、組織はわからないまま、なんとなくぼんやりとブランディングを行ってしまうということに陥ってしまいます。

そうなってしまうとブランディングの効果は更によくわからなくなり、途中で頓挫していつの間にかブランディングから自然と距離を作るようになってしまいます。

今回は、なるべく実務的な進め方でブランディングを紐解いていきたいと思います。

2、なぜブランディングが必要なのかをチームで学ぶ。

行動経済成長時期は、物が不足し、消費は年々伸びていました。しかし、物が溢れ、情報が洪水のように溢れかえってしまうと、同じような商品が氾濫し、生活者は選択ができなくなってしまいます。

企業はそのような中においても、商品・サービスを販売しなければなりません。そうすると同じような商品を販売している他店が近隣にも存在し、インターネット上にも存在している現状と向き合わなければなりません。

企業はこのような時代の中、お客様の選択を手助けし、他社からあなたが選んでもらえるような戦略を考えていく必要があります。

そここで必要となるのがブランディングです。

ブランディングには、識別性、差別性を醸成していくという機能があり、結果的に企業の商売を手助けしてくれるのです。そのため各意思決定者、ブランディングが各事業においてどのような競争戦略となるかをロジカルに社内で共有できるようにならなければなりません。

ブランディングの事始めは、まずブランディングの意思決定者が方向性を決めることが必要です。お客様にどんなイメージしていただきたいかを検討します。そして、現状のあなたの会社の立ち位置を見定めていくことが大切です。

3、ブランディングとマーケティングの違いを知る

よく質問を受けるのが、ブランディングとマーケティングがどう違うのかということ。

多くの企業のマーケティングは、標的となるターゲットを決め、収益となる顧客を獲得することという企業目線のトラップに落ちてしまいます。

しかし、ブランディングというものは「生活者」「顧客」「消費者」の視点に立たなければなりません。あなたの企業はぜひ「企業目線のマーケティング」ではなく、「顧客目線のブランディング」を意識していただきたいと思います。

ブランディングが顧客視点にならなければならないのは、顧客の想起するイメージがより企業が望んだものになるように働きかける活動であるためです。マーケティングは、そのブランディングの活動と伴走しながら収益へと結びつけるための活動だということができます。

 

続きはまた明日。

-->