冷凍カップチャーハン

市場の創造

冷凍カップチャーハン  皆さんは、冷凍カップチャーハンという商品をご存ですか?セブンイレブンがプライベートブランドの新作として販売している商品です。最近インターネットでも注目をされていて、今回取り上げたいと思います。企業は改善とイノベーションを繰り返しながら、常に新しい市場を創造していかなければならなりません。その開発プロセスは、データにありました。店舗によっては売れている商品、全く売れていない商品があるのですが、そのギャップが顕著に表れているデータを見つけました。それは、ある地域では、冷凍チャーハンが学生に大変売れているという事実。店舗のイートインスペースで冷凍チャーハンを温めて、そのまま食べるというシーンを発見!その想定外のケースに担当者は衝撃を受けたそうです。

そこで、そのままチンして食べられるという冷凍カップチャーハンの商品開発に取り掛かります。販売したところ、大きく反響があって、SNSでも美味しいと評判になっているようです。販売されているのは「炒め油香るチャーハン」と「バター香る海老ピラフ」(いずれも税込213円、以下同)の2品。容量は1食分で170グラム。ボリュームが小さいとの声が上がっていますが、200-300円程度の他の商品との組み合わせでワンコインになるように設計されているそうです。

カップ飯

カップヌードルはカップ飯シリーズを展開していますが、今後両者の覇権争いがどの様になるか期待です。というよりも新しい市場なので、もっと参入してくる企業も出てくることでしょう。

-->