スキルとWILLでどうスタッフと向き合うか

skillとwill

従業員の育て方や関わり方を整理すると、本人のSkillとWillを見極めることが大切です。その関与の仕方で従業員が成長したり、逆にモチベーションが低くなってしまいます。このような状況はどの会社にも起こり得るのですが、上司が理解していればその関与の仕方が変わってきて従業員が育ちやすい環境になるはずです。
※能力については比較的に把握しやすいのですが、やる気がなさそうに見えても、そこに何かしらの理由があったり、環境に問題があるという場合もあります。やる気の有無については表面的だけ見ていても分からない点も多いため注意が必要です。個別の対話を通じて、言動の裏側に何があるのかを共有していきましょう。

1スキル高/やる気高
2スキル高/やる気低
3スキル低/やる気高
4スキル低/やる気低

1にいる社員さんには、何もしなくても本人が意欲的で能力も高いので、任せて伸ばします。2の場合はコミュニケーションの質を高め、3については「やってみせる」ことで経験を積み上げます。4はま未経験が浅い人材であるため、上司から支持命令を行うという事が大事です。

こうして、従業員のいるポジションに対して最適な関わり方があることをご理解いただけたと思います。良いサービス良い商品は人の手によるもの。現場の従業員さんの能力を見極めた関わりを意識してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です