出川哲朗

出川哲朗さんはなぜ人気者に?<前半>

今日は「やばいよやばいよ」の出川哲朗さんがなぜこんなにも人気ものになったかを考えてみたいと思います。

出川 哲朗(でがわ てつろう、1964年〈昭和39年〉2月13日 – )は、日本のお笑いタレント。劇団SHA・LA・LAリーダー(座長)。愛称は哲ちゃん。 神奈川県横浜市神奈川区出身。マセキ芸能社所属。妻は元レースクイーンの阿部瑠理子。大伯父に八幡製鐵の初代社長を務めた三鬼隆、曾祖父に実業家・政治家の三鬼鑑太郎、母方の遠戚に女優の原節子がいる。 リアクション芸人の代表格として、ダチョウ倶楽部と並んで数多くのバラエティ番組で活躍しており、お笑い第三世代でもある。wikipedia

出川哲朗

ブランドとは視聴者・一般人の頭の中にあります。つまり今回は、よく言われる高感度という言葉で表現できると思います。以前の出川さんは、抱かれたくない男1位になったり、出川狩りとってやんちゃな人たちに追いかけられたり、お兄さんの海苔のお店に出川さんの看板を出すと「横浜の恥」とボロクソにかかれたり、散々でしたよね。昔は確かに私もうるさい芸人という印象しかありませんでした。

出川哲朗

しかし、ここ最近は「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」「世界の果てまでイッテQ!」など超人気番組になっていますね。番組の中の存在感やその演出で出川さんの魅力が本当によく伝えられていると思います。

出川哲朗

この約20年の間にずいぶん出川さんのブランドイメージが変わったと思います。今日は、答えというものはありません。出川さんもこの期間、体を張ったり、ザリガニを鼻に挟んだり、やっていることは同じだと言っています。ですが、この出川さんへの印象の変化はなぜ人々の間に起こったのかを皆さんに考えていただきたいと思うわけです。なぜ出川さんはブランドイメージをこうまで変えることができたのでしょうか?ぜひ皆さん考えてみてください。オンラインでリサーチをしてみていただけると色々と発見できると思います。

-->