令和元年初ブログ

体調を壊しながらもブログは継続。天皇は、ご自身を日本の象徴であるとメディアで多く見かけました。どんな意味かと私なりに考えてみました。象徴とは、シンボルであり、代名詞と置き換えることができるかと思います。象徴というお立場を長年身をもって表してこられたことは、生半可な意思ではないはずです。

常に公の立場であり、その品格を感じさせるのは、天皇としての精神性の高さを表したものだと感じます。平成天皇におかれましては、国民と目線を合わせ、被災地や災害地にも何度も足を運ばれ、人の痛みを自分の痛みのように感じ、国民の安寧を祈ってこられました。

日本の象徴ということは、日本のトップとして常に国内外の人々に関心を持たれ、お手本とされるべきお立場。その精神性はどのように育まれてこられたのか大変興味があります。私自身も人間性を高め、経営者という公の立場として小さな会社の象徴であらねばならないと思うわけです。新天皇のお姿をこれから拝見していきながら、学ばせていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です