平成の最後、天皇陛下ありがとうございます。

陛下はこの30年間、日本と国民の平和と安寧を祈られてこられました。国民を支え続け、信じ続け、祈り続けられた天皇に心から敬意と感謝の気持ちをお伝えできればと存じます。天皇の代わりはおられません。その覚悟たるものは、本当に大きなものだったと思います。

 

「退位礼正殿の儀 天皇の御言葉」

ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

即位から30年、これまでの天皇としての務めを、

国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。

象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、

ここにわが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

 

皇后さまが結婚を決めた際、当時皇太子の「お立場に対するゆるぎない御覚悟に深く心を打たれた」そうです。陛下は当時「義務は最優先であり、私事はそれに次ぐもの」とおっしゃっられたそうです。本当に85歳を超えるまで本当にご苦労様でした。明日からもどうぞお体大切にお元気でお過ごしくださいませ。

自らの立場を貫き通したお姿に私も大いに学ばせていただきました、全く足元にも及びもしませんが、経営者として公の立場の人間であることを覚悟しなければならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です