ポカリスウェットの新CMに感動!!

まずはこちらの映像を御覧ください。

♪〜
できないことだけ
数えて怖くなった

ふざけた「普通」が
当たり前じゃ嫌なんだ

私を見てなよ
最高の嘘で良いじゃん

かなりの癖っ気で
ねじれた性根が

今さら治んねえ
それでも叫んでみてえ

教室、笑い声
聞こえても気にしないぜ

正しくあるままで
間違えるんだ

 

ポカリスウェット新CM

ポカリスウェット新CM

感動しました!今回のポカリスウェットのCMとグラフィックは本当に素晴らしい!!ワンカットの映像にどれだけの想いを込めているかが強く伝わります!主人公3人のダンスだけではなく、760名の中高生、そして、彼らのエネルギーを引き出す、表には出てこない大人たちのプロフェッショナリズム。しっかりと作り込まれた全演者さんと美術の数々。どれだけの準備を行って撮影に臨んだのかと言うと本当に頭が下がります。自分もこんな仕事ができる会社に育てていきたいと思いました。大人がもっと頑張らないといけません。

今回勉強になっていることは、若者たちのインサイトを、制作している大人達がしっかりと見てあげていることです。子どもたちがわからない何かにふさぎこまれている様子がひしひしと伝わってきました。その蓋のようなものがドキュメンタリーを見ていると開放されていく、そんなエネルギーが伝播していく。子どもたちは待っているのかもしれません、そのきっかけを。潜在的にわからない何かを自分の中から取り出し、抜き出したい、そんな説明もできない感情が覆いかぶさってくる、そんなものを吹き飛ばしたいのだと思いが伝わってきました。

子どもたちは大人を見て育っているわけで、今の大人の行動の結果が今の子供達を導いている、つまりもっと大人が良いお手本にならなければならないと思います。このCMがなぜ私の心を打つのかと言うと、大人が本気であることで、子どもたちの本気を引き出すことができているからだと思います。私はポカリスウェットは大人になるにつれ、飲む機会がほとんどなくなりましたが、会社の姿勢やある種の問題提起、そんな社会へのメッセージを考えさせられました。会社はメッセージを伝える上で、もっと自分たちの商品やサービスでどう世の中を良くしていくかという使命感が大事で、ポカリスウェット/大塚製薬は一つ上の視座を持っている会社であると思いました。

 

追記:新たな募集も始まるようです。興味のある方はご覧あれ。

ポカリ青ダンス
ポカリ青ダンス https://pocari-aodance2019.jp/

 

1D1B18

-->