Star Wars: Galaxy’s Edge

ディズニーとコカ・コーラから学ぶコラボPR

スター・ウォーズの9作目のティーザーがいよいよオープンになりました。スターウォーズフリークの方はもうご存知ではないでしょうか。なかなか興味深いですね。私自身は、エピソード1−6が大好きでした。7からはもう何がなんだかで、キャッチアップできずです。

コカコーラのロゴマークがスター・ウォーズの言語風に!!

これらはディズニーとスター・ウォーズの共同プロモーションとも言えるかもしれませんね。過去にもいろいろな企業間でコラボPRは行われてきました。が、最近の異色コラボは、以下。なんとルーブル美術館とAirbnb!

「この度、ルーヴル美術館のピラミッド築30周年を記念し、同美術館をまったく新しい角度から再発見できる特別限定企画をご用意しました。Airbnbとルーヴル美術館は、ラッキーチャンスを手に入れたゲストとお連れ様1名様(2名1組)を対象に、明かりが消えた閉館後、ピラミッドを「一夜限りの家」に変身させ、宿泊する機会を提供します。魔法のようなひとときはそれで終わりません。一生に一度の「珠玉の宿泊」の機会のほかにも、Airbnbで予約できる特別な体験や少人数制のコンサートをご用意しています。」だそうです。

LouvreとAirbnbのキャンペーン
LouvreとAirbnbのキャンペーン

自社のブランドを高めるために他のブランドと組む。それはつまり、パートナー企業の顧客にもPRできるし、自社の顧客にも「あの会社とコラボ?|」というサプライズとブランド向上に寄与させることができる、そんな効果が視聴者的にはワクワクさせられますね。

 

1D1B13

 

-->