投稿日:2017年02月14日 22時52分

この記事は約2分程で読むことができます。

VR体験記「実際VRってどんなもの?」

お元気様です。制作担当のKです。

2017年が始まり早1ヶ月半になりますが、皆様は如何お過ごしでしょうか?

今回のテーマは昨年ブログに書いたVRについての第2段、実際にVRを体験した感想をお伝えしたいと思います。

ご紹介するのはソニー製のVRヘッドマントディスプレイ「PlayStationVR(PSVR)」です。

昨年10月に発売され、今も品薄状態が続いているPSVR、運よくゲットできましたのでその感想を少し。

 

体験して最初に感じたこと、それは「ゲームだと思って甘く見ていた…」ということでした。

正直なところ、画質は最新ゲームと比較するとあまり良くないです。(恐らく1~2世代前のゲーム機の画質です。)

ただ、それ以上の「リアル」がそこにはありました。

 

海底に潜ってサメに襲われる…背筋が凍りました…

ゴジラと一瞬目が合ってしまう…絶望感に包まれました…

バイオハザード最新作の体験版…耐えれずヘッドマウントディスプレイを外しました…ギブアップ…

(未だに製品版をプレイする度胸がないです)

 

ホラー系はちょっと怖いので、女子高生の家庭教師をする平和なゲームに切替ました。

準備をして生徒さんとご対面…

 

緊張して固まりました…

 

どれもモニターで見ると普通のゲームです。でもVRになった途端、180度変わりました。

今の画質でこの状態なので、もっと綺麗な映像になったら更にリアルな世界が広がるかと思います。

(ホラー系は怖くて心臓止まるかもですが…)

コンテンツがまだ少ないので今後については判断が難しいですが、可能性に満ちているデバイスだと思います。

 

VRの一番の特徴、それは「体験してみないとわからない」ということです。

言葉や画像、映像を並べてもほとんど伝わりません。

もし機会がありましたら是非体験して頂くことをお勧めします。

VR体験記「実際VRってどんなもの?」

このページの先頭へ